10 square meters 公式オンラインストア はこちら!

【商品レビュー】締め切り直前!一人分のスムージーが作れるハンディーブレンダー「Vitamer」が面白い

注目のクラファン !
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、10m2 LIVING ライターの黒子です。

以前、当ブログでも「注目のクラウドファンディング」としてご紹介させていただいた、スムージーがたった40秒で出来るお手軽ハンディブレンダー『Vitamer』から

製品サンプルを実際に試用出来るとのことで、「Makuake」での購入受付終了前に使用感などをレビューしていきたいと思います。

パッケージと製品の紹介

では、早速パッケージを開けてみます!

シンプルなタンブラー型の形にオレンジ色のワンポイントが可愛いですね。持ってみると見た目のシンプルさとは裏腹に結構しっかりとした重みがあります。

容量は300mlで、サイズ感は通常のタンブラーより一回り大きい程度でしたが、手が小さい私でも十分安定して握れました。

また箱の中には、充電ケーブルと説明書が付属していました。正直、私としてはこのサイズでミキサーなのがもう驚きです…!

各パーツの素材・重さ

ちなみに、各パーツの素材と詳細は以下の通り。

パーツ素材サイズ (mm)重さ (g)
ボトルトライタンφ67〜80 × H105134
フタ(ブレード含む)ABS・シリコン
ステンレススチール
W89 × H76 × D82276
組み合わせ時φ67〜82 × H181410

さっそく使ってみた

今回の「Vitamer」お試しレビューで作る飲み物、それは…

「グリーンスムージー」

いや、なんだか既に罰ゲームのような文字面なのですが、調べたところによると食材次第ではめちゃくちゃ美味しいスムージーが出来るそう。本当に???

グリーンスムージー作りに挑戦!

ブツクサ言ってもレビューが進まないので、食材を調達してきます。

調達しました!今回買ってきた食材はこちら!

・小松菜
・バナナ
・キウイ
・リンゴジュース

一番飲みやすそうなグリーンスムージーを目指したレシピです。

スムージー初心者はいきなり冒険には出れません。RPGと一緒で、誰だって最初は始まりの村周辺のスライムから倒すものですよね。

話が脱線する前に、食材をせっせこ切って…

「Vitamer」のボトルへ入れていきます。

下からキウイ→バナナ→小松菜と入れて、最後にリンゴジュースを100cc程度注ぎました。

使い方がシンプルで楽しい

下準備を終えたところで、いよいよ本製品「Vitamer」の使い方を見ていきましょう。

使い方は、ボトルをしっかりと閉めてフタ部分の白いランプが点滅したら使用可能の合図。写真に写っているオレンジのボタンを「2回」カチカチッと押すとブレードの回転が始まります。

中のブレードが起動したら後は「Vitamer」を逆さに持ち、起動から40秒で自動で回転が止まります。なんと操作はたったこれだけです。

それでは実際にやってみます。
ボタンを2回押して、ひっくり返して…

おおおすごい!次々と食材が粉砕されていきます。

40秒後、中から取り出してみるとしっかりグリーンスムージーが出来ていました。これ初めて使う人は結構感動するんじゃないだろうか。

自分の手の中で食材がみるみるうちに姿を変えていく様は、何だか魔法みたいで楽しいですね!

そして出来上がったのがこれ。小松菜の色の主張が半端ない。

しかし実際に飲んでみると、リンゴジュースがベースになっているおかげか小松菜の青臭さはほとんど感じられませんでした。

むしろバナナのまろやかさと後からくるキウイの酸味がいいアクセントになっていて…このグリーンスムージめちゃくちゃ美味しい。ネットに転がってるレシピってすごい!!!

お手入れも簡単

さて、気になるのは使い終わった後のお手入れ。パーツは「ボトル」とそのボトルについた「スリーブ」、そして「フタ」の3つ。

基本的にはよっぽど繊維質の食材を使わない限り、細かく砕かれるので水洗いでOKだそう。流す面積も少ないので、ここでもタンブラーサイズが活きているなと感じた。

フタを洗う時の注意

ミキサー機能がついたフタは完全防水ではないため、フタ上部から直接水をかけると内部に水が侵入して故障する恐れがあるとのこと。筆者も実はこれを最初にやってしまい、翌日から挙動がおかしくなってしまった…。購入を検討している方は本当に気をつけて欲しい。

×間違った洗い方

フタを上に向けて直接水をかけるのはNGとなる。また、水を貯めた洗い桶に沈めるのも絶対にしない方が良いだろう。フタ上部を綺麗にする場合は、アルコールティッシュなどで拭くようにしよう。

○正しい洗い方

ブレードの方を上に向けて、スポンジで軽く擦ったら後は弱めの流水でサッと流そう。側面も同様の方法で洗う事ができる。

もし、フタの溝に汚れがある場合はブラシや、先を細くしたウエットティッシュでの清掃がおすすめだ。

と、いうわけでスリーブを外して、ボトルとフタを丁寧に洗ってお手入れ完了!

フタの洗い方には注意が必要ですが、洗い物が楽という点は「気軽に使える調理器具」としては重要度が高い項目なのでいいポイントですね!

充電式で携帯性バツグン

使い終わったら充電も忘れずに。

専用の充電コードを使用して、フタ上部の充電ポートにカチッとつけることで充電が始まる仕組み。

3時間の満充電で約20回の使用が可能とのこと。普通のミキサーと違い、場所を選ばずにどこでも使えるのは生活の様々なシーンで活躍しそうです。

ジムや職場で新鮮スムージー!なんてことも出来るかも。

まとめ・プロジェクト実施期間

実際に使用してみて初めて分かる「手の中でみるみるとスムージーになっていく」感動。見た目以上にパワフルで、一人暮らしの方や一人分だけ作りたい方にとても便利な製品だと思います。

今回は「グリーンスムージー」でしたが、スムージーに限らず「スープ」や「ポタージュ」、「ケーキ」の下準備など活躍する場面はドリンク意外にも幅広く、アイデア次第でいろいろ楽しめそうです。

そんなお手軽ハンディブレンダー『Vitamer』、このプロジェクトが気になった方は下のリンクから応援購入してみよう。

クラウドファンディングの実施期間は2021年4月29日(木)18:00まで!

「Vitamer」応援購入ページはこちら
タイトルとURLをコピーしました