10 square meters 公式オンラインストア はこちら!

【商品レビュー】まるで羽毛!?2万本の超極細毛で360°磨けるとろける新感覚の天然竹歯ブラシ

注目のクラファン !

こんにちは、歯磨き大好きなBOBです。
つい先日歯医者さんで歯の検査・清掃をしていただきしっかりブラッシングをできていますとお褒めいっただきました!
しかし、いつも歯磨きをするときに思うのですが、日頃使っている歯ブラシは自分に合っているものなのか分からず、さらには歯を綺麗にするためと思い、つい強めに磨いてしまいます。
そのため歯茎と歯の間が削れてしまう症状も出てしまっている箇所もあったようです。

今回はそんな私の目を釘付けにした歯ブラシをレビューさせていただくこととなりました!「Makuake」にてプロジェクト開催中のまるで羽毛!?2万本の超極細毛で360°磨けるとろける新感覚の天然竹歯ブラシです。

パッケージ紹介

今回はプロジェクト実行者の「jouet」様よりサンプルのご提供をいただきました!
早速見てみます。

パッケージには「Bamboo Toothbrush 100% Biodegradable」の表示が書かれています。
そうですこの製品は竹でできた柄と極細ナイロンの歯ブラシです。

柄に使われている竹は植物の中でも成長力が高く、3年程で成長する再生サイクルに向いた資源と言われています。
そして竹には抗菌作用があると言われており、口に入れる歯ブラシに使われるのはとても向いた素材です。昨今の脱プラスティックの社会にとってもとてもぴったりです。

そしてなんといってもこの歯ブラシのポイントはヘッド部分の2万本の毛束です!

機能紹介(ポイント)

驚きの2万本ヘッドブラシ

2万本歯ブラシは羽毛のようにとても柔らかいので歯や歯茎も優しく、すでに歯茎の痛みが気になる方にもご使用頂くことができます。歯磨きをするといつも血が出る・・・歯茎が腫れて痛みがある・・・このような症状のある方は柔らかめの歯ブラシを使って歯茎へのダメージも防ぎましょう。

通常歯磨きを行っただけだと、歯の隙間にある歯垢のうち60%程度しか除去することができないといわれています。これは、歯の隙間には食べカスが詰まりやすい上、歯ブラシでは細部までケアが行き届かないことが理由と考えられます。また落としきれなかった汚れは細菌が付着することで歯垢となり、口臭の原因になるといわれています。

Makuakeプロジェクトページより引用

なんともすごい量の超極細毛で作られたブラシで、隙間なく束になっており、綺麗にカットされています。よくよく見ると、使われているのがものすごい細い超極細毛なのがわかります。

この2万本ともいわれる超極細毛の毛束のブラシにより歯と歯茎を優しく包み込むことができるようです。そして歯や歯茎へのダメージを与えず、歯の隙間を磨けることで歯垢をしっかりと落とすことができます。

このブラシがもたらす効果などを実際に試してみたいと思います!

テスト

実際に製品でテストします。

・柔らかい超極細毛のによる歯茎マッサージ

・細かい所のブラッシング

・洗浄力

テストの結果、柔らかく細い毛により優しく丁寧にブラッシングができることができます。

柔らかい超極細毛のによる歯茎マッサージ

歯ブラシによる歯磨きは歯を綺麗にするだけでなく、歯茎のマッサージを行う事も目的になっています。

今回のプロジェクトページでは柔らかい超極細毛によりのテストするため、ゆで卵の表面をブラッシングした画像を使っています。10 square metersでも同様にゆで卵をテストしてみます。

ゆで卵はプルプルで柔らかい表面です。ゆで卵は歯茎のように敏感な質感です。柔らかい表面を優しくブラッシングします。

このブラシは超極細毛一本一本が柔らかいにもかかわらずぎっしり詰まっている事で面か形成され、歯や歯茎を磨くことができるのがわかります。
ゆで卵の白身の部分をブラッシングをしてみるとブラシの山の部分で表面を優しくマッサージしているのがわかります。


表面は均一に面が当たり、隙間なく当たっているのがわかります。
これであれば歯に対してもしっかりと当たることで歯垢も隙間なく綺麗に磨ける要因はここにあるようです。

細かい所のブラッシング

細かい所のブラッシングを見るためのテストは歯の形を想定して、とうもろこしを用意しました。

とうもろこしの一粒一粒は歯のように丸みがありながらもぎゅっと詰まっているので細かい段差があります。
実際の歯の側面にもある丸さのある隙間をしっかりとブラシが入っていくかどうかを検証しました。

2万本にもなるという柔らかい毛が形状を変えることで、歯と歯の間にしっかりと入り込んでいることがわかります。
一本一本が細いため、面としてだけでなく細かい場所にも毛が届き綺麗にしてくれる歯ブラシです。

また特筆している点として、茹でたとうもろこしをテストした場合(写真右)でも柔らかい毛がなでるように磨けているので、傷なども付かないのがとても優しく磨くことができていると感じました。

歯や歯茎に優しく、歯肉の溝にも優しく毛が入り込み磨くことができるようです。歯肉の溝に細かい歯垢がたまることで歯周病を起こす原因になるので、死肉の溝もを歯磨きで綺麗にできることで、歯周病の予防につながります。

洗浄力

洗浄力を確認するために歯磨き粉をつけてみます。
口の中の撮影が難しいので、指の背を磨いていることにします。

ブラシから細かい泡が生まれています。このきめ細かい泡は歯の間に入り込みしっかりと洗浄効果をアップしてくれると期待してしまいます。柔らかい超極細毛ときめ細かい泡のコラボレーションです。

さらに実際に使ってみて洗浄力はどうなのか!?実際に使ってみるのが一番ということで実際に歯磨きをしてみます。

実際に歯磨きをしてみると今までの歯ブラシとは一線を画す感触です。
歯ブラシで歯を磨いているというよりも、山のある布で歯を拭っているような感覚で歯磨きをしているような感覚です。
これは超極細毛のブラシが束になり面が作られることにより超極細毛を感じづらい事からだと思います。

泡は先に指で試した通りの細かい泡が口内に行き渡るのがわかります。
一般的な歯ブラシの場合、1分ほど歯磨きをしていると口内が泡でいっぱいになってしまうのですが、3分以上磨いても口内の歯磨き粉は細かい泡のままで歯磨きを続けることができます。
口の中が泡だらけになってしまったために歯磨きを終わりにするという事が起きづらいため、しっかりとブラッシングできるのではないかと感じました。

そして何よりも超極細毛だからこその磨きの感触で、歯茎の痛みを感じる事なく歯磨きができました。超極細毛の低刺激の歯ブラシだからこそ、これから口内環境を整えたいと考えている方にもお勧めできる歯ブラシです。

注意点

2万本とも言われる超極細毛のため、数本抜ける場合があります。ご使用前に一度水で洗うことをお勧めします。
未使用のまま使用すると歯磨きの途中で口の中で超極細毛が抜けてしまうことがあるかもしれません。
さらに使用後はしっかりと水気を切って保管することが大切です。

まとめ・プロジェクト実施期間

2万本のブラシで作られた歯ブラシの手触りは馬の尻尾のブラシの様な手触りです。
しかし、実際に使ってみると細かい極細毛一本一本により細かいところまでしっかりと行き届いたブラッシングができるだけでなく、2万本とも言われるブラシにより面が形成されます。この面により程よく力を抜いた、優しい力でブラッシングができます。

この歯ブラシは超極細毛が面となり磨くことができるので歯磨き以外にも舌磨きにも使うことができるとの事。

握りやすい程よい柄の太さと軽さ、そしてエコな歯ブラシです。この特徴盛りだくさんの歯ブラシでしっかりと歯磨きをして、口内環境を整えてみてはいかがでしょうか?

応援購入・プロジェクトページはこちら
タイトルとURLをコピーしました