10 square meters 公式オンラインストア はこちら!

財布の機能をカスタマイズ!デザイン革財布「Kumi wallet」

注目のクラファン !
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、10㎡スタッフの黒子です!
今回は、現在「Makuake」にて開催中のプロジェクト「Kumi wallet」をご紹介。

何やら「分解」「組み換え」とお財布では聴き慣れない単語が並んでおります、、、果たして機能を自由にカスタマイズできるお財布とは?それでは行ってみましょう。

1. Kumi wallet の特徴

Kumi walletは、一見すると普通の三つ折り財布ですが、「札入れ」「カードケース」「コインケース」それぞれの機能を持ったパーツが一体に組み合ったミニマルながら機能的な面も持ち合わせた革財布です。

コンセプトは ”使い方を縛られない自由な財布”

それぞれのパーツを個々で使ったり、組み合わせたりすることでシーンに合わせた自由な使い方ができるようデザインされています。

それぞれの機能を持ったパーツたち

札入れ

お札を出し入れしやすい幅広のポケット。最大収納枚数は10枚。(写真はコインケースが付いた状態)

カードケース

ポイントカードを入れるのにちょうどいい、たっぷり入る厚めのケース。最大収納枚数は15枚。

コインケース

単体で使うことを想定した設計でコンパクトながら、たくさん小銭を収納できる。最大枚数は30枚。

カスタマイズを可能にした仕組み

人それぞれ、生活の中で本当に必要なお財布のカタチは違うものです。その為、各パーツが簡単に組み合わせることができ、かつ簡単に外れることのない仕組みを考える必要がありました。

そこで私たちが選んだのが「スナップ」と「折り返し」、二つのアイデアです。

スナップ機能

スナップの留め具による固定構造は、パーツを個別に使用する際に見た目をスッキリさせてくれる他、「札入れ」パーツに組み合わせた際もスナップ部分が隠れるので違和感のない美しいデザインになっています。

折り返し機能

スナップがついている部分は折り返し構造になっており、この折り返しが「札入れ」パーツに組み合わせた際のツメの役割をしてくれるので、スナップが外れた場合でも簡単に外れてしまう心配はありません。

組み立て方・外し方

組み合わせて使う場合は、「札入れ」を中心として、スナップのついた「カードケース」「コインケース」を組み合わせて使います。

① 「カードケース」or「コインケース」のスナップを外す

② 「札入れ」のベルト部分に先ほど外したスナップ部分を差し込む

③ スナップの折り返し部分を差し込んだベルトの上に出す

④ 再度スナップを止める

完成!

文章だけでは伝わりづらいかと思いますので、動画でもご説明いたします。動画では外し方→組み合わせ方の順番で説明しています。

動画で詳しく!
Kumi walletの使い方の紹介

2. Kumi wallet 誕生の理由

私たちの生活は社会の変化やライフスタイルと共に日々変わってきています。

特に近年、日本でも一般的になったキャッシュレス決済。ポイントカードも次々にアプリが登場し、電車に乗るにもスマホ一つで出来るようになり、私たちが使っている「財布」の存在意義にも、少しずつ変化が訪れています。

しかし、時代や生活が変わっても財布全ての機能が不要になるでしょうか?

  • 昔なじみの居酒屋さんでのお会計
  • 近所のクリーニング屋さんの会員カード
  • 街中で子供にせがまれるガチャガチャ

など、人によって財布の一部機能が求められる場面はいまだに遭遇します。

そんな私たちの生活の中で欠かせなかった財布も、「社会や環境の変化に合わせて好きな機能を上手に使える財布があれば、生活をより楽しく豊かに過ごせるのでは」という思いで、今回のプロジェクトを立ち上げました。

3. シーンに合わせた自由な使い方

ここで「Kumi wallet」を使った生活をシーン毎にシミュレーション!

一部を組み合わせて使うも良し。それぞれを別々に使うも良し。ライフスタイルに合わせてあなたのイメージにピッタリのお財布へカスタマイズしてみてください。

4. 国産レザー × 日本の職人技

使い込むほど味が出る国産牛革

レザーは日本国内の吟付き※1のシュリンクレザー※2を使用しています。オイルレザー※3より重量が軽いのもポイント。

厚みのある革と、手触りの良いシボ感がより一層の高級さを感じさせてくれます。

また、革製品特有の経年変化も魅力の一つ。長く使っていただくことで革の色味や表情の変化を楽しみながら、あなたの手で世界に一つしかない逸品を完成させてください。

※1. 天然の革の表面のこと
※2. 革の表面を収縮させて独特のシボ感(皮革表面のシワ模様)を出した革

※3. オイルを染み込ませて革をよりしなやかにした革

日本の職人による丁寧な仕上がり

Kumi walletは東京都台東区浅草橋にある皮革工房 「gigi-fabbrica(ジジ・ファブリカ)」の佐々木健友さんに監修をいただいた製品です。

日本の職人による手作業で裁断、縫製、加工、コバ磨きまでを行った逸品で、職人による仕上げは流石の仕上がりです。

さらに製品それぞれ(札入れ、カードケース、小銭入れ)には「gigi-fabbrica」のロゴが刻印されています。

レザークラフトスクールも開校中

「gigi-fabbrica」では教室を開いてオリジナルのバッグや小物を作ったりしています。

http://www.gigi-fabbrica.com/index.html

ご興味のある方はぜひ連絡してみてください!

5. 製品詳細

組み合わせ時のサイズ・重さ

・サイズ H75×W95×D35
・重 さ 90g

各種サイズ(mm)・容量

■札入れ(開いた状態) H90×W200 容量:〜10枚
■カードケース H62×W95×D12 容量:〜15枚
■コインケース H62×W90×D35 容量:〜30枚

6. 応援購入はこちら

いかがでしたでしょうか?
クラウドファンディングの実施期間は2021年3月下旬まで!

この記事が出ている時点で既に目標金額を達成済みですが、販売数の枠が残っている今が確実に手に入れることの出来るチャンスです。このプロジェクトが気になった方はぜひ応援購入してみてください!

「Kumi wallet」販売ページ

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました